魅力的なポートレート写真とは

“Photo is Life” 私が敬愛する写真家の言葉から ポートレートセッションにて これまで歩まれてきたバックグランドと人生観が写真に写し出されているかどうか 胸を打つ写真は、必ず時を止め、 […]…【続きを読む】

フォトレタッチにつきまして

基本的に、過度な画像処理はおこなっておりません。 撮影と写真集をセットで頼まれた方に限り、不自然な部分・気になる部分に関しましては、数枚程度、できるだけ自然なフォトレタッチをさせて頂いております。お客様の気になる部分に関 […]…【続きを読む】

セカンドフォトグラファーの役割とは

ご新郎新婦をはじめ、より多くのご家族やゲストの写真が欲しい方、一つのシーンを多角的な角度からおさえたい方、よりクオリティの高い写真をお求めの方にお勧めしています。 また、挙式・ご披露宴にて、列席者の数が50名以上を超える […]…【続きを読む】

記録写真と記憶に残る写真

時代と共に、ウェディング写真も進化し続けています。 従来のウェディング写真といえば、記録的な要素を重要視した写真が大部分で、セレモニーを記録したり目線ありきの写真がほとんどでした。 しかしながら、近年になり、よりナチュラ […]…【続きを読む】

写真集つくりに関しまして

”末長く愛される写真集を届けたい、より丁寧にクオリティーの高い写真を”テーマに置き、写真集をつくっております。 そのような思いから、打ち合わせ、撮影、編集、写真集レイアウトまで、一貫して撮影者本人が担当します。 その事に […]…【続きを読む】

持ち込みカメラマンにお願いするメリットとは

一般的に、ご結婚式が行われる結婚式会場・ホテル・レストラン・神社には、専属の写真業者が契約しています。 また、ほとんどの場合、契約提携会社以外のカメラマンが入る場合には、持ち込み料を支払わなければ、持ち込み(外部)カメラ […]…【続きを読む】

美しい光と質感を表現すること

フォトウェディングで最も重要な要素の一つが、 美しい光を選び限られた条件の中で質感を表現し描くことです。 会場の空間に差し込む光とあかりを意識し、 その中で最も美しく高貴な光質を選び、 若しくはお二人にあった最良な光を創 […]…【続きを読む】