時代と共に、ウェディング写真も進化し続けています。

従来のウェディング写真といえば、記録的な要素を重要視した写真が大部分で、セレモニーを記録したり目線ありきの写真がほとんどでした。
しかしながら、近年になり、よりナチュラルな要素を多く取り入れたイメージ写真を多く残したいという傾向へと変化し、東日本震災後は家族との絆やドキュメンタリー的な要素を含む家族写真に関心を持つ方が増えてきています。
フィルムの時代からデジタルの時代へ、スマートフォンやSNSなどの普及により、写真がより一般の人にとって身近なものなりました。
毎日の膨大な量の写真が行き交う現代の世の中で、誰もが手軽にキレイな写真を写せる時代になりましたが、本質的に胸を打つ写真は逆に減ってきている様な気がしています。

写真には、日々日常との向き合い方と研ぎ澄まされ削ぎ落とされた世界観が写りこみます。
1枚の写真の中にストーリーがあり、大切な気づきと記憶を蘇らせることのできる写真本来の力、
ウェディング写真を歳月を経て振り返った時、ご家族の絆がより一層深まり、
あの時の瞬間が思い起こされ胸の奥が熱くなる、そんな瞬間を残してゆければと切に願っています。